秋の観賞会「さざんかを尋ねて」

 12月1日、都立亀戸中央公園でさざんかの観賞会が行われました。この公園は、江東区の花「さざんか」50品種4000本が植えられ、38年前に開設されました。15人ほどの会員が参加し、サザンカ群、カンツバキ群、ハルサザンカ群、ユチャ群の代表的な品種について、箱田会長からその特徴、来歴、名称の変遷など興味深いお話を聴くことが出来ました。

 詳細は後日、会報誌にてもご覧ください。

 なお12月8日(土)には、同公園サービスセンターによる「さざんかガイドツアー」が行われます。ご近所の方は、参加されてみてはいかがですか。

2108秋の鑑賞会20181201

2018年12月3日 日本ツバキ協会行事部

秋の観賞会「さざんかを尋ねて」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。