品種登録制度とは

日本ツバキ協会で行っている品種登録制度とは、日本で育成されたツバキ・サザンカ及び近縁のツバキ類園芸品種の名称を整理し、新品種名称の登録制度を確立することを目的にした制度です。

新たに品種登録をしたい場合は、所定の手続きによって申請できます。申請された品種は協会の品種登録委員会で審査が行われ、審査の結果、品種登録に値すると判断され、その後登録手続きを行うと、「日本ツバキ協会認定新花〇〇号登録品種」として登録されます。(※すべての申請が登録される訳ではありません。)

品種登録申請は日本ツバキ協会の会員であれば誰でも行えます。

品種登録までの流れ

申請者 日本ツバキ協会
申請 ①申請書類一式を購入(1,000円)する。

②申請に必要な書類を整えて、日本ツバキ協会品種登録委員会宛に送付する。

③審査料、1件あたり3,000円を納付する。

受理 正式受理を示す「受理番号」を記入した葉書が届く。

※提出された書類に不備があると受理できなかったり再提出を依頼することがあります。ご注意ください。

申請書類受付(~12月まで)

新種登録委員会で、書類と審査料の納入が確認された時点で正式な申請受理となる。

審査 予備審査:1月~2月

審査委員会:全国椿サミットの時期に行い、最終的な登録の可否について決定する。

審査結果を申請者に連絡する。

登録 審査結果で登録可能な品種と認定され、新花登録を希望する場合は、登録料として1件当たり10,000円納付する。 登録料の納付を以って正式に登録完了とし、新花登録認定証発行する。

3月頃登録完了。

発表 全国椿サミット時に審査結果発表

申請方法と注意事項

1.申請準備

申請必要な書類一式を事務局から購入します。郵便振替に「品種登録書類代金」と書き事務局に入金します。折り返し以下の書類一式が郵送で届きます。

登録申請にあたって

日本ツバキ協会品種登録規程

・特性の測定・記録の手順と基準

日本ツバキ協会新品種登録申請書

新花登録申請用特性等記入表

JCS品種登録資料椿品種名20180620161409819

・返信用封筒

2.申請資料の作成

1.登録申請書概要書の作成

所定のフォーマット「登録申請書概要書」に記入します。

品種名を決める際は、品種名の重複を避けるためのに「既存品種名のリスト」参考にして下さい。

2.特性等記入表の作成

判る範囲での記入で構いません。すべての項目に付いて記入しなければいけないというものでは有りません。

3.写真(サービスサイズ以上で3枚以上)

花の特徴がはっきりわかるように、異なる角度から花の様子がわかるように撮った写真を用意します。花の正面、横、葉や枝も含めた全体の3ショットは必須。その他に必要に応じて花の特徴が伝わるようなショットを添えてください。

ピントが合った、サービスサイズ以上の写真を提出してください。

特殊なレンズを使ったり、加工処理はしないでください。

写真の裏面に、申請者名と申請品種名称を記入してください。

3.申請

1.以下の書類を返信用の封筒に入れて郵送します。

① 登録申請書概要書

② 特性等記入表

③ 説明用の写真(3枚以上)

申請書類はお返ししませんので必要に応じて控えとってください。

2.審査料の納入

振込先:日本ツバキ協会

郵便振替口座番号:00130-7-20900

振り込み表に「品種登録申請審査料」とお書きください。

金額:申請1件あたり3,000円

3.正式に受理されると「受理番号」を記入した葉書が届きます。大切に保管してください。

申請書の送付と審査料の入金後、3週間たっても葉書が届かない場合は事務局までお問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご質問、ご相談がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。

日本ツバキ協会事務局気付で,学術担当理事の山口聰宛で受け付けております。