優秀古木椿登録制度とは

日本ツバキ協会では優秀古木椿の登録制度を設けています。これは全国のツバキ古木、名椿の台帳づくりの一環です。

椿は古来から長寿の代名詞にされています。日本の各地に地元の人々に愛されている巨樹椿もあれば、まだひたすら奥深い山の中でそっと咲き続けている古木椿も多いかと思います。近年の都市開発や地球温暖化の影響で樹勢の弱っている椿も多いかと思います。日本ツバキ協会はそのような巨樹・古木のツバキをこれからも大切に保護してゆこうと、将来へ受け継いでゆくにふさわしい地方それぞれの優れた椿を「優秀古木椿」として認定登録しながら台帳作りをしています。

この制度は日本ツバキ協会の会員からの調査報告を取りまとめるものです。協会宛に申請していただくだけで結構です。厳密な品種としての審査は行いません。また審査料、登録料も一切かかりません。

優秀古木椿に認定されると、協会から認定証を発行します。

また希望があれば、樹木用ラベルを用意します。

申請方法

1.所定の申請用紙を日本ツバキ協会に申請します。

2.申請用紙に記入し、写真数点を添えて、日本ツバキ協会(学術部優秀古木椿認定登録委員会)まで提出してください。

注意事項

  • 名称は、地元の通称(〇〇町の大椿など)を書いてください。
  • 樹高、幹回りなど測定数値を分かる範囲で記入してください。
  • 樹齢はわかる範囲で大体の推定で記入してください。不明でも構いません。
  • 花の特徴は、通常の観察で分かる範囲で書いてください。
  • 所有者がある場合は、差支えない範囲でお名前、寺院寺社名を書いてください。個人情報なので公表を差し控えたいという場合は「個人所有」「〇〇組合管理」などとしてください。
  • 故事由来など、歴史的ないわれがある場合はその内容を簡単に書いてください。

------------------------------------

ご質問、ご相談がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。

日本ツバキ協会事務局気付で,学術担当理事の山口聰宛で受け付けております。